どのような人がWEBライティング技能検定を受けるのか

WEBライティング技能検定の合格に近づくために試験内容を把握する

capacity.com

どのような人がWEBライティング技能検定を受けるのか

パソコン操作

WEBライティング技能検定を受ける人の特徴

WEBライティングはフリーランスや在宅ワークという働き方にシフトしてきています。特に家事や育児に忙しい主婦の方々には時間を気にせずに自宅で仕事ができることからWEBライティングは注目されています。何からはじめたらわからないというときにはWEBライティング技能検定の勉強からスタートしています。WEBライティング技能検定は、WEBライティングの基礎から文書作成などの業務に必要なスキルを学べ、合格するとよりよい在宅ワークに繋がります。

WEBライティング技能検定の試験内容

制限時間90分で、基礎を25問、実践を25問、文章作成の実技試験4問を解いていきます。選択問題では、講座の教材の基礎編と実践編のテキストと問題集をしっかり学習するとを高得点を期待することが可能です。ライティング問題は受験者の点数に差が出やすい項目です。ホームページに過去行われてきた「本試験の総評」と「解答速報」が掲載されています。よくある間違えを確認し自分の文章を短時間で作成できるように繰り返し練習していきます。合格率は50%強と高めですが必ず受かるということでもありません。教材をしっかりと学ぶと高得点を期待することができます。

試験を受ける時に気をつけるポイント

点数配分には4択問題が50点、ライティング問題が50点で合計250点満点で、ライティング実技の点数配分が重くなっています。ライティングは文法だけでなく、承認される文章表現の作成ができているかも採点に含まれています。いかにライティングに力を入れて学んでいくかが合格へのポイントとなっていきます。合格ラインは非公開となっていますが、文章に意味不明な点やネガティブな内容などは採点不可となります。また、キーワードが使われていないときや規定文字数の過不足は大幅に減点されます。表現や文末が連続するもの、読みづらい構成、短文が連続しているなど細かい箇所の減点が発生します。教材でしっかりと勉強していると、学べることが多いですが、過去の試験内容や指摘箇所などはサイトの問題例や総評で確認することができます。


広告募集中