円滑にWEBライティング技能検定を受けるには?流れを把握しておく

一連の流れを把握してWEBライティング技能検定に挑もう

capacity.com

ライターとしてのスキルが身につく

最近はWEBライターは素人でもはじめることができます。ある程度パソコンの入力スキルがあれば、ちょっとしたお小遣い程度はお金を稼ぐことができますが、あくまで素人です。ある程度のところで、素人のスキルだけでは壁にぶち当たってしまうことがあります。WEBライティング技能検定を取得することによって、技術的なスキルだけでなく、プロとしてお金を稼ぐためのスキルを身につけることができます。

WEBライティング技能検定を申し込む流れ

どんな内容なのか

民間資格の検定であるWEBライティング技能検定は、基礎編と実践編の二種類があり、内容もそれぞれ違います。社会人としての基本的なマナーや、クラウドソーシングに対する理解度を問われます。実践編ではそれにプラスされてライティング全般に対してのライティング能力の有無も問われます。

試験を受けるために必要なこと

WEBライティング技能検定講座の教材を購入した人のみが試験を受けることができます。講座の教材には、基礎編・実践編それぞれに対応したテキストや問題集、案件の手引きやISV練習法、さらにタイピング教本などがセットになっています。これらを用いて検定を受けるための勉強をすることができます。

2種類あるオンライン試験

模擬試験は、オンライン試験システムに登録後に受験可能です。受験期限がなく自分のタイミングで受けることができます。本試験は、WEBライティング実務士の資格のための試験です。

模擬試験で実力を試してみる

WEBライディング技能検定講座を購入すると、模擬試験は3回まで無料です。本試験では費用が掛かりますので、まずは無料の模擬試験で自分の実力を試してみましょう。

いよいよ本試験

1回ごとに6,000円(税込)です。期日までに受験料を振込をすると本試験を受けることができます。
試験は基本的には毎月実施されますが、試験日の3営業日前までの入金が必要です。

円滑にWEBライティング技能検定を受けるには?流れを把握しておく

レディ

手続きで必要なもの

試験を受けるためには、WEBライティング技能検定講座を購入したときに同封された「ID」と「パスワード」を使用します。インターネットで試験を受けるため、当日はインターネットを接続するための環境が必要です。本試験には受験料が6,000円(税込)が掛かります。また、合格後に発行される「WEBライティング技能検定 合格証・認定カード・WEBライティング実務士ID」は3,000円(税込)の費用が掛かります。

WEBライティング技能検定の申し込み方法

WEBライディング技能検定講座を購入後に、オンライン試験システムに登録すると「模擬試験」の受験が可能になります。模擬試験の受験期限がないため、いつでも受験が可能です。「本試験」を受けるためには試験料が必要です。オンライン試験システムにて確認できる指定口座に振り込み後に試験を受けることが可能になります(本試験の実施日・開始時間はホームページ上に随時更新されます)。

資格を持っていることで仕事が有利になる

本試験に合格すると、信頼度がアップすることがからクラウドソーシングでの活躍の幅が広がります。
特典のあるクラウドソーシングサイトに登録すると
・収入アップ
・通常報酬よりも利率をアップ
・おすすめの案件の優先配信
・ボーナスの付与
・サイトでのポイント付与
・品物のプレゼント
など、さまざまな特典を受けることができます。

広告募集中